プチ認知療法レビュー

RIMG2815-150x150

うつ病になると一日でも早く克服したいという思いから、様々な治療法を実践すると思いますが、私は薬物療法、食事療法、認知療法の組み合わせが一番効果を実感できると思っています。

薬物療法は医師の指示のもとで行いますが、食事療法と認知両方は自分でも取り組むことができるので、生活の中に取入れやすいと思います。

今回は認知療法の中でも有名な「プチ認知療法」を実践した感想をお伝えします。


“プチ認知療法公式ページ”

プチ認知療法とは?

プチ認知療法とは下園荘太先生が提唱する、自宅でも簡単に取り組める認知療法です。認知療法は様々な手法がありますが、自宅で簡単にできるものの中では一番良いと私は感じました。

どんなことでも同じですが、結局は「継続」できなければ意味がありません。しかし、これまでの認知療法は自分に合う、合わないは度外視して、やらなければならないというどこか強引なものがありました。

しかし、このプチ認知療法を提唱する下園荘太先生のやり方は少し違い、「自分に合うものだけを実践する。合わないものは合わないですぐに辞めてしまえば良い」というのです。

確かに効果があるのか疑問に思いながら実践するよりも、自分が取り組みやすいと感じることで実践した方が効果はありますし、継続することができ、結果的にうつ症状を軽減させることができるのです。

私はプチ認知療法を実践する中で、「やりたいことだけをやる」と決めたので、苦もなく気楽に実践することができています。

プチ認知療法のメリットとデメリット

RIMG2819-300x225

プチ認知療法を実践してみてメリットとデメリットを実感したのでまとめてみたいと思います。

まずメリットとしては

  • 自宅で取り組むことができる
  • DVDなので書籍よりも理解しやすい
  • 付属のレポートで内容が理解できる
  • いつでもどこでも取り組むことができる
  • ふとした時にも実践できる

などがあります。

一方でデメリットとしては、

  • 価格が若干高い
  • 自分に合う方法がどれかを一つひとつ実証する必要がある
  • 1人で実践するので正しいのかどうか自信がない

などです。

価格に関しては9,800円と書籍などに比べると高いのですが、DVDの内容と認知療法のノウハウ、特典のレジュメが含まれているので、他では得られないことを考えると致し方ないのかと思います。

また、認知療法のやり方、自分にあっているかどうかを実証するのは自分自身ということになるのですが、最初はよく分からなくても繰り返す中で次第に効果を実感することができると思います。

自分に合う合わないを検証するのは時間がかかりますが、その分自分に合った方法を実践し続けることができるということなので、焦らず自分に合う方法を探していきましょう。

プチ認知療法を実践してみて

Exif_JPEG_PICTURE

私はプチ認知療法を現在でも活用しており、習慣化しています。特に考えなくても自然と考え方を返ることができるようになり、心の乱れを抑えることができています。

中でも心地よい刺激を意識化する、「いいとこ探し30」には効果を感じています。

これは単純に

  • ラッキーだ、運が良いと思うこと
  • 自分が成長していると思うこと
  • 他人に感謝できること
  • すごいなと感心できること

これらを意識して探すのです。

当たり前に見ていたことも、考え方を変えてみると違うように見えることがありますよね。特にラッキーだ、自分は運が良いと思えることを探すと、意外といくつもあることに気がつきます。

すると、「自分は見る世界が遠すぎた。もっと近くのものでもありがたいことは沢山あるんだ」という自分に気がつくことができるので、心にゆとりが出ますしポジティブに考えることができるようになるのです。

この他にも様々な考え方の癖を修正できる方法があるので、自分に合った方法を実践してみて下さい。

プチ認知療法の中身について

プチ認知療法はDVDとレジュメが同梱された形で送られてきます。包装には特に教材名などは書かれていないので、家族に知られたくないときでも安心です。

注文から到着までは3日程度かかりますが、土日や祝日の関係などで前後することがあります。購入する代金9,800円以外にかかる費用はありません。

私の場合は到着まで3日かかりました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

RIMG2817-300x225

DVDは2枚組みになっているので、DISC1から順番に見て頂ければ内容を理解しやすいと思います。

また、DVDと合わせてレジュメを見ることでより理解が深まると思います。

プチ認知療法まとめ

Exif_JPEG_PICTURE

うつ病を克服するためには、どうしても「偏った考え方」を修正する必要があります。

例えば、自分は不幸な人間だと何事に関してもネガティブに捉えてしまっていては、ネガティブな側面しか見ることができません。

しかし、わずかでもポジティブな面を見ることができれば、うつ症状はぐっと軽くなり少しずつ明るい未来を描くことができるようになります。

人間は急には変われませんし、変わろうとしない限り変われません。今の自分も本当の自分ですが、ポジティブに考えられるようになった自分も本当の自分です。

私はプチ認知療法を実践することで、「自分にもいいところがあるじゃないか」と思えるようになりました。

たったこれだけのことかも知れませんが、私にとってはすごく重要な一歩でしたし、今でも常にポジティブな面を探して考えるようにしています。

プチ認知療法はそんなきっかけを作ってくれる商品だったので、興味がある方は実践してみて下さい。

 

プチ認知療法公式ページはこちら 


“プチ認知療法公式ページ”


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ