うつ病が原因で引きこもりになることはありますか?

1980484319_0dcce6507c_mうつ病になると心と身体を休めたいという人間の本能が生まれますので、誰もいない静かな時間が欲しくなるのは多くの方が感じていると思います。

私自身もうつ病を発症してからは「心と身体を休めたい」という思いから、あまり外出することがなくなりました。

 

うつ病による引きこもりになることはある

うつ病患者の中で「外に出る機会が少なくなった」という方も多いのではないでしょうか?

動けないほど症状が酷い場合は当然ですが、少しずつ回復してきても外に出ることが億劫になって自宅に閉じこもることが多くなるのです。

私はうつ病と診断されて休職をした頃から外に出ることが全くなくなりました。また、友人とも連絡をとらない状態になりました。うつ症状が強かったということもありますが、社会に出ることへの恐怖を感じることから引きこもってしまったのです。

引きこもりになってからは、特に何をするわけでもなくぼーっと過ごす日々が続き、ストレスから暴飲暴食を繰り返し一時期体重が10kg増えたこともありました。一方で、今度は全く食べなくなり10kg痩せてしまうこともあり、非常にバランスの悪い時期を過ごしていました。

引きこもるようになってからは「適度な運動」をすることもなくなったので、お腹回りに脂肪がつきやすくなってしまいましたし、逆に筋力が衰えてしまいすごく疲れやすい身体にもなりました。

うつ病になるとどうしても自分自身に対して自信を持てなくなるので、そのような状態で外に出て行動することが億劫になってしまい引きこもるようになってしまうのです。


スポンサードリンク





ずっと引きこもりになるわけではない

956925357_26e8ef96e1_m

うつ病によって社会との壁を作ってしまった場合でも、ずっと同じ状況が続くわけではありませんので安心して下さい。

うつ症状が改善されてくると自然と「外に出てみよう」と思える日がきます。このように思えないうちはまだうつ症状が安定していないというサインですので、無理に外に出る必要はないと思います。

私の場合は社会復帰するまでに時間がかかりましたが、それでも引きこもりから脱出することができました。

自信は簡単には取り戻すことはできませんが、落ち着いて一つひとつ壁を取り除くことで自分から何かをしてみたいと思えるようになりました。

今うつ病で引きこもりになっていたとしても、心配する必要は全くないので、落ち着いて少しずつうつ症状を改善させるために、薬や医師の指示はしっかりと守って日々を過ごして下さい。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

One Response to “うつ病が原因で引きこもりになることはありますか?”

  1. MY より:

    初めまして。
    MYと申します。
    いつも拝見し、参考にさせて頂いております。

    私はある会社で管理部課長の役職です。
    2012年8月、転勤してきた支店長に暴言を受け、精神疾患を患い、約5ヶ月休職しました。

    最初の病院で『神経症・不眠症』、次の病院では『適応障害』、昨年1月の病院では『うつ病』と診断され、現在も投薬治療を続けています。

    頭痛・発熱・過呼吸と背中の痛みで、体が本当にキツかった…もちろん精神的にも…。

    昨年3月に弁護士事務所に相談へ行き、弁護士さんが加害者側と示談交渉をしましたが、決裂し裁判となり、1月15日に和解金100万円で和解が成立しました。

    本日、100万円が振り込まれましたが、お金じゃないですね…。
    お金で体調が治るワケでもありませんし…。

    でも、仕事は意地でも定年まで続けます!

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ