うつ病で入院するのはどのような時?

518380699_4a4beef2d9_m 私はうつ病になってから入院をしたことがあるのですが、正直なところあの時のことは思い出したくありません。

しかし、私が実際に入院したことで得られた情報もあるので、私個人がどのような状態の時に入院したのかについてシェアしたいと思います。

 

うつ病で入院した経緯

私がうつ病で入院したのは1回だけですが、入院する直前は毎日死ぬことばかり考えて家に引きこもっていました。

今思い返せば、何でそんなことで悩んでいたのだろうと思うのですが、当時は私の中ではとても大きな問題だったのだと思います。

自分の中でそのプレッシャーに何とか耐えていたのですが、あるとき、「もう全てがどうでもいい」と感じてしまい自分が生きている理由が分からなくなりました。

そこで首を吊って自殺を使用としていた時に両親に発見され、救急車で病院に運ばれそのまま入院となりました。

その時私は意識を失っていたので、気がついたら病院のベッドの上でした。起きた瞬間「生きている」ことを実感したとき、私は「嬉しい」とは全く思いませんでした。逆にさらに絶望感が大きくなっていたと思います。

「なぜ生きてしまったのだろうと」と思い、「死ぬこともできないのか」と絶望しもう目に入るもの全てに苛立ちを感じて病室から一歩も出ずに過ごしました。

私は自分に自信がなかったですし、仕事でもいつも怒鳴られてばかりいたので、ほっとする時間が全くありませんでした。

当時の勤務日数を確認すると、休日は1日だけ。それ以外は必ず仕事という生活を送っており、よくそんなに働くことができたと今は感心してしまうこともあります。

入院をした時はそんな無理を重ねた時で、生きることに希望を見出すことができませんでした。


スポンサードリンク





入院中の生活について

67618567_29231e5ca8_m

入院中の生活は普通の病院と変わりません。

朝は7時に起きて朝食を食べ、薬を飲んだら自由時間です。ただ、私が入院した病院は完全にカギがかかっていて隔離されている病棟だったので、外に散歩に行くことはできませんでした。

許可をとって付き添いがいればOKということだったので、家族が見舞いに来てくれた時は外に連れ出してもらうようにしていました。

入院をしている方は実に様々で、見るからに精神疾患を抱えていると見える人はあまりいませんでした。しかし、皆さんそれなりの悩みを抱えているので、たまに話しをしたりすると私よりも症状が重い方も多かったですね。

診察も入院期間中に受けましたが、週に2日程度で、あとは管理されている病棟内では自由に生活することができました。

ご飯は美味しくなかったのですが、隔離されていた分ある意味心から休むことができていたのだと思います。

うつ病で入院する時は自傷行為を重ねたり、家族の看護では面倒を見切れないなどの状態であることが多いので、特にそのような状態でなければ入院せずに自宅でゆっくり静養していた方が私は早くうつ病を克服できると思っています。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ