うつ病は遺伝するの?

179485534_061f557d6d_mうつ病患者の中にはうつ病は遺伝するのでは?と思っている方も多いと思います。私は今30代で未婚ですが、今後結婚し子供が生まれる時にうつ病が遺伝したら嫌だなと思うことがあります。

では、実際にうつ病は遺伝的要素が強い病気なのでしょうか?

 

うつ病は遺伝するの?

ある調査によると、うつ病患者を中心にしてその家系の中にうつ病になった人がどの程度いるかと調べていくと、うつ病患者の子供、兄弟、姉妹では10%~20%程度で、甥や姪では2~3%の割合でうつ病を発病するということが分かりました。

つまり、確率的にはそんなに高くはないものの、うつ病になりやすい家系であるということは否定できないということです。

私の家系にはうつ病患者はいませんが、弟が若干うつっぽくなったことがありました。私とは全く環境が違うのですが、ストレスから引きこもるようになった時期があったのです。

しかし、弟の場合は比較的早い段階で心療内科を受診し薬を服用したので現在は全く症状がでずに元気に過ごすことができています。

ただ、このことからもうつ病患者の兄弟はうつ病病になりやすい体質でもあるということが分かりますし、これが自分の子供となるとさらにリスクが高くなるということは言えると思います。

遺伝的要素は自分ではどうしようもないので、改善する方法は非常に難しいのですが、全く予防手段がないわけではありません。

なぜなら、自分自身がうつ病になった経験があるため、よく観察していれば「うつ症状が出ているかも」と気がつくことができますし、早い段階で治療を開始すれば私の弟のように早期に克服することができるのです。



スポンサードリンク





親子で通院している方も多い

3033593811_e2bbb361a2_m

私はこのサイトを運営してから3年が経過しましたが、このサイトで知り合ったある方は母と娘で心療内科を受診しているという方もいました。

また、私が実際に通院しているメンタルクリニックにもたまに親子で受診している方を目にします。

こういった光景をみると、やはりうつ病は遺伝的要素があるような気がしますし、自分がうつ病の場合はその子供や兄弟、姉妹には十分注意をする必要があると思います。

うつ病になりやすい体質も簡単には分かりませんし、目に見えるわけではないので判断が難しいと思いますが、大切なことは常に「コミュニケーションをとる」ということです。

コミュニケーションを日頃から意識的にとっていれば、発見が早まる可能性が高くなるので、対処することができますよね。

一番良くないのは、圧倒的なコミュニケーション不足です。子供や兄弟、姉妹の言葉にならない感情をしっかりと見極めてあげることが重要です。

うつ病は遺伝的要素が全くないとは言えないので、あなたの親族には十分注意をすることが大切です。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ