うつ病克服のためにどんな本を読むべきか?

4421990486_37247437fa_mうつ病に関する本は沢山ありますが、正直読むに値しない本も沢山あります。

というのも、私たちうつ病患者は「どうすればうつ病を克服できるのか?」が知りたいわけであって、実践する内容がない本はあまり参考にならないからです。

うつ病克服のために役立つ本とは?

うつ病克服のために役立つ本は、うつ症状が少しでも楽になる様々な実践方法が書かれた本だと私は感じています。

これまでに沢山の本を購入し、読んできた中で一番うつ病克服に役立つ本は、うつ病に関する基礎知識の本ではなく、具体的な行動を起すことができる「実践本」でした。

実践本とは、例えば、朝起きるためにどのような行動をとれば起き上がることができのかや、仕事中にうつ病の症状が強く出てしまった時の対処法などが書かれている本のことです。

確かにうつ病に関する基礎知識を学ぶことは重要です。なぜなら、うつ病の基礎的な知識があれば自分の状態を把握することができるからです。

ただ、これらの情報は本を購入しなくてもインターネットで検索すればよいだけで、沢山のサイトでうつ病の基礎知識に関する情報を得ることができます。

私も自分がうつ病であることを知ってからは、インターネットで色々と検索をして自分の状態を確認してきました。そのため、うつ病に関する知識は一般の方よりも遥かに身につけることができていると思います。

しかし、具体的にどのようなことをすれば「うつ病は良くなるのか?」は分からないことばかりで、本を読み終えた時に「で、何をすれば良いの?」と思ってしまうことも少なくありませんでした。

そこで、私はうつ病に関する本を読む時は、次の点に気をつけて購入するかを検討します。

  • 実践的な内容が書かれているか?
  • 著者自身がうつ病経験者なのか?
  • 日常生活、仕事中の対応策が書かれているか?
  • モチベーションが上がるような内容なのか?

これらのことは最低条件として見るようにしています。これらのことは冒頭の部分を読んだり、目次を見ることである程度分かるので、うつ病克服の本を読む際には気をつけてみて頂ければと思います。


スポンサードリンク





管理人がお勧めするうつ病に関する本とは?

2903469528_5621484929_m

私は社会で働く一員として、仕事とうつ病が両立できるような本を読むことにしています。また、うつ症状を改善するために今すぐ実践できることが書かれているかも重要視しています。

私がこれまでい読んできたうつ病に関する本の中でもお勧めなのは下記の本です。

  • うつからの脱出―プチ認知療法で「自信回復作戦」
  • 「うつ」は炭水化物をやめれば薬なしでよくなる
  • 「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

これらの本は実践的な内容が書かれているので、大変参考になると思います。

これ以外にも沢山の本を読んできたので、もし内容を確認したい場合はいつでも連絡を頂ければと思います。

私の中では、うつ病の基礎知識はインターネットで、うつ病改善のための実践的な内容が書かれている本は購入するというスタンスです。

うつ病は本を読んだからといってすぐに良くなるわけではないのですが、何もしないよりは正しい方法で克服できるような努力をすることは必要だと思っています。

そのため、本から様々な知識を得ることはとても重要になりますが、せっかく読むのであれば自分が取り組めそうなことが書かれている本を読んだ方が遥かに効果が高いと思っています。

 


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ