うつ病を患ってから頭が働かなくなった

500431518_c4d3937f8e_m私はうつ病と診断される前から、少しずつ集中力が欠け自分の中で順序よく仕事ができなくなり、仕事をしていても別のことを考えてしまう、これまでの手順が分からなくなるなどの症状がありました。

しかし、頭が働かない状態がうつ病の症状としてあることを知り、大変驚きました。

 

頭が働かなくなるのはうつ症状の一つ

仕事をしているサラリーマンでうつ症状がでる予兆として「頭が働かなくなる」という症状があります。正確にはうつ病との関連性は分からないのですが、私にも同じ状態になることがありました。

具体的には、集中力が欠けていつもと同じ仕事をしているにもかかわらず、何をすれば良いのか、どうすれば良いのかなど頭を使うことができなくなるのです。

全く頭が働かないということではないので、非常に気がつきにくいのですが、物覚えが悪くなるなどの症状があるときは注意する必要があります。

例えば、仕事で人と合う際に相手の名前を今言われたばかりなのに忘れてしまうことや、上司に指示されてやるべき仕事が増えてしまった場合に指示を受けたばかりなのにどうすれば良いのかが分からなくなるなどの症状があります。

記憶力が低下した記憶障害や認知症なのではないのかと心配になることもありました。

しかし、私の場合はうつ症状が改善さていくにつれて、頭が働かなくなる状態も改善され今では特に意識しなくても冷静に物事に対処することができています。

うつ病でない場合でも疲れていたり寝不足の状態が続いていると一時的に記憶力が低下したり集中力が落ちたりすることはありますが、うつ病による症状の場合はうつ症状が改善されるまで続いてしまうようなケースもあり、よりストレスや不安を感じる原因になります。


スポンサードリンク





頭が働かない状態を避けるために

4424199420_d1431d9632_m

頭が働かないことによってストレスや不安感を招きうつ症状が悪化してしまうこともよくあるのですが、頭が働かない状態を避けるためにはメモをとる習慣を身につけるのが一番早くて効果的です。

また、このような症状が2週間以上続いている場合は、うつ病である可能性があるので、心療内科や精神科を受診し、抗うつ薬などの薬で防ぐことができるようになります。

しかし、私は抗うつ薬を服用しただけでは思ったように回復しませんでした。と言うのも、うつ症状がひどく出ていたので、頭が働かなくなる状態も酷く進行していたのです。

そのため、できる限りメモをとって物忘れを防ぐ予防をすると共に、簡単な仕事でも段取りとやり方をまとめた資料を作っておくことにしました。

こうすることで、言われたことを忘れることが少なくなり、頭が働かない場合でも資料を見ればどうすればできるのかが分かるようになったので、ストレスもだいぶ軽減されました。

徐々に頭が働かなくなるというのは怖いですよね。でも、うつ症状が改善されれば症状は治まるので安心して下さい。

ただ、症状が治まるまでにはそれなりの時間がかかるので、メモをとるなどして「外部のもの」に記憶させるというのも効果的な手段だと感じています。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ