うつ病と買い物依存症

1968934859_8b7408f674_m

うつ病は様々な依存症を引き起こします。

うつ症状だけでも辛いのに、自分では止めたくても止められないような依存症に陥るとあとで後悔するような結果を招いてしまうことも珍しくありません。

今回は買い物依存症についてです。

買い物依存症とは?

買い物依存症とはその名の通り、自分の心理とは裏腹に買わずにはいられない状態になってしまうことです。

買い物をしないようにと自分で注意をしていても、買わずにはいられない心理状態になり、買い物ができない状態が続くとイライラしやすくなったり落ち着かなくなったりします。

最近ではインターネットで簡単に買い物ができる環境になっているので、自宅で休んでいるときでも常に何か買い物をしてしまうという状況になることもあります。

お金を払わなければ買い物はできませんが、買い物依存症の場合クレジットカードを使って買うケースが多いので、自分でお金を使っているという感覚も薄れてきてしまいます。

その結果、あとで支払うことができないくらい高額な請求をされることもあり、周囲にいる人に迷惑がかかり、自分の居場所がどんどんなくなるという状況になるのです。

私自身も買い物依存症を併発したことがありますが、とにかく自分では抑えることができず買い物ができない状態にストレスを感じ自分で自分のことを傷つけてしまうこともありました。

買い物をしているときは気が大きくなっており、現金では買わなかったのでお金の感覚もはっきりしないまま高額商品を購入してしまうことも珍しくありませんでした。

このように、うつ病の症状を少しでも和らげたいという思いから、他の行為に逃げるという対処法を見つけ、結果的に「依存症」と呼ばれる症状に陥ることもあるので注意が必要です。



スポンサードリンク





買い物依存症を克服するためには?

6466206281_886a596d10_m

買い物依存症を克服するためには、自分が使えるお金をはっきりと自覚する必要があります。

ただ、多くの場合自分が買い物依存症を併発していると気がつくのは買い物のしすぎでどうにもならなくなった段階であるため、その時は使えるお金はほとんど残っていない状態だと思います。

ただ、ここで気がついて引き返すことができればなんとかなります。

最悪なのはその後も借金を繰り返して買い物を繰り返してしまうことで、こうなるとどうにも止めることができなくなり、気がつけば借金まみれという最悪な状態になることもあるので注意してください。

買い物依存症はストレスが溜まっている時ほど快たい衝動が抑えられなくなるという特徴もあります。

そのため、まずはうつ病の治療と同じように「ストレスを解消すること」を第一に考え、生活習慣を見直すことが重要です。

また、一時的な気分の高まりから高価なものを購入してしまうという行動に出ることも多いので、気持ちの高ぶりを抑えるような薬を服用するのも一つの方法だと思います。

私の場合は薬を服用して、ストレスを解消するために運動をするなどして徐々に「買い物がしたい」という衝動を薄くさせるようにしていきました。

また、クレジットカードなどを手元に置いておくと使ってしまうので、家族に預かってもらい使えない状況に身を置いたのも良かったと思います。

うつ病と買い物依存症を併発している時は、自分一人では正しい判断ができなくなっているタイミングなので、できるだけ周囲のサポートを受けてこれ以上お金を使ってしまわないようにすることが一番重要です。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ