被害者意識を改革する

2634935191_550e7eeab5_m

私は会社で度々「そんな事を言われてもできない」と思われる事を上司から言われる事があります。

これまでは「今の私にはできないのに無理な事をいうな。何でいつも自分に無理な事ばかりを言うのだろう。自分がかわいそうだ」と思っていました。

しかし、この思いがある限りうつ病と仕事の両立は難しいと感じています。

うつ病患者は被害者意識を持ちやすい

うつ病になった原因は人それぞれですが、大なり小なり自分が耐えられないくらいの精神的ショックを受けた事が関係しているはずです。

その事が引き金となり心と身体のバランスが崩れてしまったためにうつ病になるわけですが、仕事をしていく上では理不尽な事は山ほどあります。

今では個人で仕事をして、できるだけ人と関わらないような生き方をしている人も増えていますが、会社という組織に属する以上、理不尽な事は往々にして起こります。

先日も私は身体が一つでは足りないような無理難題を上司から「やれ」と言われました。

そのとたん、私は会社に必要とされていないからそういう事をいうのかな?、私の事がそんなに嫌いなのかな?と勝手に被害者意識を持ってしまっていました。

こうなると全ての仕事の歯車が狂い始めます。

これまで上手くいっていた事も上手くいかなくなり、失敗やミスを繰り返すようになりどんどん自分で自分を追いつめていってしまうのです。

かわいそうな自分を認めて受け入れるために嫌いな人を作り、周囲には無理難題を突きつける嫌な上司だと訴えます。

しかし、どう転んでも祖の問題が根本から解決する事はありません。むしろ気分的にも落ち込み嫌な気分のまま仕事をするのでいつも以上に疲れてしまうのです。

うつ病=被害者という意識がどこかしらにあるためですが、これを捨てて向かっていく、前に進む姿勢がない限りすぐに会社を辞めてしまう、会社に行けなくなるという負のスパイラルからは抜けられません。



スポンサードリンク





うつ病を言い訳にしない

3635455556_f129886b62_m

私はこれまで休職と復職を繰り返した経験がありますが、今思い返すと復職して再び休職してしまった原因の一つは、「自分がうつ病であるということを言い訳にしていた」からです。

少し難しい問題にぶつかると「こんな私にはできない」とやる前から決めつけてしまって、工夫をすることを忘れてしまっていました。

しかし、ここ数年はうつ病である事を言い訳にするのではなく、自分も1人の人間としてどうしたらできるか、この問題を乗り越えられるかに考えを集中させるようにしています。

そのためには上司に相談したり、同僚の意見を聞いたりできる事は全てやってみます。

その結果たとえ失敗に終わったり上手くできなかったとしてもそれはそれで仕方がない事だと割り切るように意識しています。

うつ病を言い訳にして被害者意識を膨らませて一歩も前に進まないよりは、できるだけの事はしてみてダメだったらそのとき考えた方が色々な選択肢が生まれるのです。

自分の中で感じているほど「無理だと思う事」もやってみると意外とできたということは良くある事です。

被害者意識を持つ事でできることもできない状態にしてしまっている事もあるという事を頭に入れて、被害者意識を持つのではなく前を向いて一歩でも進む選択を意識してやってみて下さい。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ