うつ病と手の震え

32958917_f419ba6c64_mうつ病になると様々な症状が出ますが、その症状の一つに「手の震え」があります。

私の場合は、手だけではなく足の震えも出てしまい、特に仕事において人と対面する時には極端に手足の震えが出てしまうことがあります。

 

字を書くことができないことも

私は手の震えが酷くなると、文字を書くことができないくらい震えてしまうことがあります。

仕事の書類を作成する時はもちろん、取引先との名刺交換をするときでも手が震えてしまうので、相手の方に「緊張しているのですか?」と言われたことが何度もあります。

通院しているメンタルクリニックの医師に相談したこともあるのですが、うつ病の症状の一つである極度の緊張からくるのだと言われました。

そのため、手の震えを抑えるために緊張を和らげる薬を服用し始めたのですが、最初のうちはそれでも手足の震えがとまりませんでした。

私はアルコールが苦手なのですが、たまに飲み会などのせきにいくとソフトドリンクを飲んでいるにも関わらず手阿賀震えてしまい「アルコール依存症ではないか?」と言われたこともあり、とても恥ずかしい思いをしました。

手の震えが出る症状は私だけではなく、私よりももっと酷く手足が震えることがある方もいて、うつ病患者の集いなどに参加してみると、手足の震えが気になってしまい余計に震えるという方もいました。

うつ病の症状の一つとして手足の震えが出ることもありますが、一方で抗うつ薬の副作用として手足の震えがでることもあるので、症状が酷い場合には医師に相談し、薬を変更してもらうなどの対処も必要になります。


スポンサードリンク





手の震えを抑えるためには

17033143_e7189fffd6_m

手の震えを抑えるためには、緊張してしまっている身体の状態を和らげる必要があります。

緊張しているとどうしても全身に力が入ってしまうので、筋肉の硬直からどうしても手に力が入ってしまうのです

そのため、自分でできる対策としては、深呼吸をして手を握ったり開いたりを繰り返しての筋肉を和らげる方法が一番効果があると私は思っています。

手だけのリラックスではなく、身体全体でリラックスすることができれば字が書けなくなるなどの症状を和らげることができます。

また、字を書くスピードを少し遅くして、丁寧にゆっくりと文字を書く用に意識すると、次第に手の震えよりも書くことに集中することができるので、手の震えによって字がかけなくなる症状を抑えることができるようになります。

手足の震えは「身体の緊張状態」が原因であることが多いので、まずはリラックスすることが重要でありリラックスするためには「深呼吸」を繰り返す方法が一番だと私は感じています。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

2 Responses to “うつ病と手の震え”

  1. tetutako より:

    記事楽しみに読んでいます。最近は私自身もパワハラにあい、先日うつ病と診断されました。その中であなた様のサイトを拝見しました。私は今、自分のような目にあう人が出ないようパワハラに関するブログを作っています。これからも記事読ませていただきます。応援していますのでよろしくお願い致します

  2. ひろ より:

    みな

    一歩でも前進したいですね

    復活したようでも小さい事でまた凹む日々

    弱いのか逃げてるのか。。

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ