うつ病の症状(管理人の身体的初期症状)

2309047966_1860f7e723_m私はうつ病と診断される前から精神的にも追い込まれていたのですが、身体にも様々な症状が出ていました。

最初は疲れているだけと思っていたのですが、次第に身体の症状は悪化し始めどこか大きな病気があるのではないか?とも思うようになったのです。

頭痛

うつ病と診断される半年前くらいからやたらと頭が痛くなることがありました。

今落ち着いて思い返してみると、会社にいる時に激しい頭痛が起き、翌日から仕事が始まる日曜日の夜にも頭痛があったことから、会社でのストレスが原因だったと分かります。

しかし、当時は自分がうつ病だとは思ってもいなかったので、疲れから起こる症状だと思っていましたし、市販の頭痛薬を常に服用して症状がひどくなるのを抑えていました。

ただあまりにも症状が長引いていたので、一度脳の検査を受けたこともありましたが、結果的には異常なしで、医師からも原因が分からないと言われました。

心療内科を受診して初めてうつ病からくる頭痛であることを知り、会社を退職し自宅で療養することになって半年くらい経った頃ようやく症状が治まりました。

頭痛が続くのもうつ病の身体的症状の一つですので、頭痛が治まらない状態が続いている場合は一度脳の検査を受け、特に異常がない場合は心療内科を受診すると良いでしょう。


スポンサードリンク





胃痛

141137622_b9bb09ab3c_m

頭痛と同じく胃痛にも悩まされていました。胃薬を飲んでも治まることなく、ひどい時は会社でうずくまってしまうほどでした。

痛み方としては、胃がきりきりして時間的には朝から仕事が終わり帰るまで続くことがよくありました。

胃が痛くなるのは完全にストレスが原因だと思ったので、できるだけストレスを解消するよう意識したのですが、会社にいる時は毎日のように胃が痛くなり、仕事が終わると胃痛も治まるという状態が続きました。

この胃痛もうつ病と診断されてから抗うつ薬と胃薬、自宅での療養をした結果徐々に治まっていったので、うつ病からくる身体的症状であったと思います。

胸の痛み

さらに、身体的症状として胸の痛みがありました。

痛み方としては、心臓を思い切り握りつぶされているような感覚です。心臓病なのかと不安に思い、心臓を専門とする病院へ行き、24時間心電図を測ったのですが、やはり結果は異常なし。

そのため、心療内科を受診した際に医師に相談をしたのですが、これもうつ病の身体的症状の一つと言われました。

胸の痛みは抗うつ薬を服用し、仕事からのストレスを休養することで軽減させた結果、今は落ち着いています。

必要以上に緊張してしまう方に多く見られる症状だということで、ほとんどの場合は心臓の病気ではないので安心して下さい。

ただ、不安感はあると思うので、心配なようであれば24時間心電図を受けてみると良いですね。

他にも発熱や関節の痛みなどがありましたが、主に苦しかったのは頭痛、胃痛、胸の痛みでした。

うつ病による身体的症状は個人差があるのですが、専門の病院で特に異常がない場合は「うつ症状」である可能性が高いので、一度心療内科の医師に相談してみると良いです。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ