うつ病になっても太らない方法

230842373_550d940450_m最近よく相談を受けるのですが、うつ病と診断されてから徐々に体重が増えてきてしまう方が多いようです。

休職中という方はもちろんなのですが、頑張ってうつ症状に耐えながら仕事をしている人でも太ってしまう方が多いのです。

うつ病で太ってしまう理由

うつ病になって太ってしまう理由としては、ストレスが大きく関わってくるからだと思います。

実際に私もうつ病と診断されてから体重が一時期10kg程度増えたことがありました。当時を考えると、ストレスによって食生活が乱れていたことが大きな要因だと思います。

仕事で忙しく、食事の時間など決めることもできず、とりあえず5分だけ休憩する時間があればそこでカップラーメンを食べる。

また、休日の日は日頃の食事量を補うためにドカ食いをすることもよくあり、ストレス発散だと最初は思っていたのですが、単なる暴飲暴食に過ぎませんでした。

うつ病になると食欲にも大きな影響が出ることがあり、全く食欲がない時は何も食べないのですが、急に食欲旺盛になる時もあり、その時はいつもの何倍もの量を食べてしまうこともあるのです。

精神的に不安定になると、自分では食欲を抑えることができなくなることもよくあるので、うつ病患者の場合特に自分で自分の心を整理できないことから太ってしまう方も多くいるのだと思います。

また、うつ病になると自宅に引きこもってしまい、外に出ない生活が続くことがありますが、このような圧倒的運動不足によっても太ってしまう原因となるので注意して下さい。


スポンサードリンク





うつ病になっても太らない方法

8049103309_3d345dc2a5_m

うつ病と診断されても太らないためには、食生活の見直しと適度な運動が欠かせません。逆を言えば、食生活をきちんとして適度に運動していればうつ病になっても太ることはないということです。

ただ、精神的に不安定になってしまうとつい暴飲暴食をしてしまいがちですし、自分ではいけないと分かっていながらも止められない状態になってしまうことがあります。

周囲に家族の方がいればまだ抑えることはできるのですが、誰も周囲に居ない場合は自分の力で欲求と戦わなければなりません。

そこで、私は自分が暴飲暴食に走ってしまったと感じた時は、家の中でできるエクササイズをするようにしていました。

外出するのも億劫だったり、雨の日などは外に出たくもなかったので、家の中でできるエクササイズを1時間くらい行っていました。

休職中は特に自己管理が難しくなるのですが、それでも自宅でできるエクササイズは暴飲暴食をしてしまったら1週間以上続けて行うようにしていました。

また、外出してみようかな?と思えた時は散歩やランニングをして軽く汗をかく程度の運動をしたおかげで、10kg増えた体重を1年間で元に戻すことができました。

ストレスによる食生活の変化はある意味防ぐことが難しいのですが、その後の行動で太らないように調整することは可能なので、1日1時間、もしくは30分でも良いので、体を動かす習慣を身につけていきましょう。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ