うつ病と動悸の関係性

4740206053_26452901fd_m私はうつ病と診断される前から、職場ですごく強い動悸に襲われることがありました。

心臓がドクンドクンと音が聞こえるくらい鼓動し、息苦しくなり仕事どころではない状態になってしまったこともあります。

管理人の動悸の原因

私が動悸を感じたのは主に職場でした。仕事中に特にミスをしたわけでもないのに動悸が起こり息苦しくなるのです。

私がうつ症状を感じたのはこの頃からなのですが、最初は気分の落ち込みや不安感の増大などの症状よりも、身体的症状である「動悸」が一番始めにでました。

私がうつ病になった最大の原因は職場での上司のパワハラですが、動悸もそれが原因で起こるようになったのだと思っています。

やはり何をするにも怒鳴られ、罵倒され続けるとびくびくするようになり、何に対しても自信が持てず起こられるという恐怖心が芽生えてしまったのです。

このような状態になると、上司が発する一言一言にもの凄いプレッシャーを感じるようになってしまったので、常に極度の緊張状態が続き心が休まる時がなかったので動悸という症状が現れてきたのだと思います。

その後私は心療内科を受診し、動悸がすることを訴えたところ「動悸はうつ病の症状の一つである」ことを知りました。

あまりにもひどく胸が痛むこともあったので、念のため心臓専門の病院を受診し24時間心電図を録って状態を見たのですが大きな異常はなく、やはり過度のストレスからくるものであることを知りました。

つまり、うつ病と動悸には密接な関係があり、特に心臓などに問題があるわけではないのに激しい痛みに襲われることもあるのです。

うつ病による動悸の対処法



スポンサードリンク






123761159_29ff407dc1_m

私の場合は心療内科で処方された抗うつ薬を服用し、会社を休職して心と体を休ませた結果徐々にではありますが症状は緩和されていきました。

休職せずに仕事を続けていたら動悸が治まるまでにもっと時間がかかったのではないか?と思います。動悸は緊張からくるものもあるので、緊張状態を和らげてあげることがまずは重要なのではないかと思っています。

あまりにも酷い場合は薬による治療も行うことはできるようですが、私は抗うつ薬と休職で症状が改善したので、まずは専門の医師に相談してみると良いですね。

うつ状態になるほど体が緊張し続けた状態ではなかなか動悸を抑えることができないのですが、休むことができれば治まる症状ですので、焦らずじっくりと向き合って治療をしていきましょう。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ