うつ病でもできる職種について

33185295_226938baf9_mうつ病と仕事を両立させるためには、職種を変えるというのも一つの選択肢です。

実際に私は会社の中で職種を変えてもらうことにより、今までのプレッシャーから解放され仕事に行くということ自体にストレスを感じる回数は減りました。

では、どのような職種であれば、うつ病と仕事の両立をさせることが可能なのでしょうか?

自分の本当の心の声と向き合うことが大切

うつ病になりやすい人の性格の一つに、「見栄っ張り」というものがあります。

見栄を張る人というとなんだか悪いイメージを持つ人もいるのですが、真面目で責任感が強き人ほど見えを張りやすい性格も持っているということもあるのです。

例えば、自分の心の中では「難しい」と感じている仕事であっても、真面目で責任感が強い性格から「絶対にやりきってやる」と前向きな考えに無理やり持っていくために見栄を張ってしまうということはよくあります。

見栄というのは癖にもなりやすく、その状態が常態化することで無意識のうちに見栄を張る癖がついてしまし、常に自分の実力以上の仕事を背伸びをしてやりきろうとするために残業や早出、休日出勤が増えてしまうのです。

もちろん、見栄を張ってでも上手くいけば評価につながりますし、周囲からの信頼度も確実に上がりますが、自分の心は本当にそれで良しとしているのでしょうか?

心のどこかでは、「少し休みたい」とか、「背伸びをしたくない」と思っている部分はありませんか?

私は背伸びをして見栄を張り続けてしまったために、短期間で治すことができたかもしれないうつ病をさらに深く重い状態にまで落とし込んでしまいました。自分の見栄っ張りな性格がうつ病を悪化させてしまったのです。

そのため、うつ病と仕事を両立させていきたいと考えるのであれば、まずは自分の本当の心の声に耳を傾け、自分の力以上の仕事ではなく、今の自分の力でできる仕事に変えてもらうというのも、うつ病と仕事を両立させて続けていく上では必要なことなのではないでしょうか?

スポンサードリンク



うつ病でもできる職種は人によって違うが、毎日成績に追われるのは良くない

10533385856_ccae589433_m

世の中には色々な職種がありますが、一概にどの職種は良くないと言い切れるものは残念ながらありません。それは人によって仕事に対する向き合い方や仕事が自分の心に占める割合が違うからです。

ただ、一つ言えるとすれば、毎日成績に追われるような仕事はうつ病を抱えている現段階では向いていないのではないかと思います。

成績を求められるのは仕事をしている以上仕方がないことなのですが、毎日毎日で成績が区切られる仕事はストレスになりやすいです。

同じ成績を求められる仕事であっても、1ヶ月単位や半年単位で成績を見られる仕事であれば休みながら仕事をすることも可能になりますし、うつ症状が辛く仕事ができない状態になった時にも休みやすいという側面もあるからです。

もっと言えば、今まで営業の第一線で頑張り続けていた人は、他の営業マンのアシスタントに一時的に回るのも良いと思います。人の仕事の仕方、考え方を間近で見ることで自分なりの仕事の方法が確立されやすくなるからです。

自分が前線に立って活躍したいと思う人もいると思いますが、うつ病を克服できてからでも遅くはないですし、うつ病と仕事を両立させるだけでもなかなかできるものではないと思います。

まずはうつ病をしっかりと克服することに専念し、その間に「こういう仕事の仕方もあるのか」とか「こういう風に気持ちを切り替えれば良いのか」など他人から学ぶことに専念した方がうつ病克服までの期間が早くなるのではないかと思います。

営業職は向いていない、事務職だから大丈夫。様々な情報が飛び交っている時代ですが、一番重要なことは自分のはやる気持ちを抑えながら仕事をすることができるかどうかです。

自分のはやる気持ちを抑えることが普通にできてストレスも感じないようになれば、うつ病は自然と克服できるものなのかもしれないと私は感じています。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ