うつ病治療と仕事を両立させるコツ

264700834_d21a52c41e_mうつ病になると「休職」という選択をする方も多いですが、どうしても休職することができずに仕事と両立しながら治療を行うケースもあります。

しかし、うつ病の治療と仕事を両立させるのはなかなか難しいので、両立する前にきちんと準備をしておく必要があります。

 

うつ病治療と仕事の両立は可能

うつ病治療と仕事を両立させることは可能だと思います。しかし、簡単なことではありません。

そもそもうつ病であることを自覚したり通院している場合、うつ症状が強く出ているからであり、その時点で本来ならば休職をするのが良い選択だと私は思います。

しかし、何らかの事情により休職という選択ができない場合は、通院して薬を服用しながら仕事をすることになりますが、体調を崩しやすくなるので十分注意が必要です。

私はうつ病治療と仕事を両立させたこともありますが、仕事におけるストレス、不安、悩みをできるだけ1人で抱えないようにすることが大変でした。

会社で働いているサラリーマンがうつ病になる原因の第1位は職場でのストレスですが、このストレスを上手に解消してあげることができなければ、仕事とうつ病治療の両立は難しいでしょう。

また、仕事をしていると飲み会など社外でのコミュニケーションを取らなければならないことも多々ありますが、それを断る勇気も必要になります。

同僚がうつ病のことを理解してくれているなら良いのですが、隠して治療を行う場合は特に神経を使うことになるので、ストレスが溜まらないように十分注意する必要があります。



スポンサードリンク





うつ病治療と仕事を両立させるコツは?

8693804868_dbca48d7a8_m

私はうつ病治療と仕事を両立させるコツとしては、できる限り「自分に素直になること」だと思います。

と言うのも、自分にウソをついて見栄を張ったり強がったりすることで余計に自分の立場が苦しくなることはよくありますよね。

そうではなく、知らないことは知らない、できないことはできない、調子が悪いときは調子が悪いと素直に自分の状態を相手に伝えることができれば、うつ病治療と仕事の両立は可能だと思います。

一番良くないのは、はっきり答えないがために受け入れてしまい、自分一人で抱え込んで心が崩壊してしまうことです。

このような状態になると、休職してもなかなか状態は上がらず何年も苦しむことになるので、絶対に1人で抱え込まないと決めることが重要です。

また本音を言える人を1人でも良いので見つけるのも一つの方法です。ストレスを解消するためにとにかく聞いてくれる相手に伝えることでかなり楽になります。

もちろんこちらとしても相手の話を聞く必要がありますが、声に出して心に溜まったストレスを吐き出すと思いのほかスッキリするので効果的です。

うつ病治療と仕事を両立させるためには、「ストレス」を溜め込まないこと、1人で全てを抱え込まないこと、しっかりと通院はすること、薬も飲み続けることを実践すれば可能だと思います。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ