うつ病で仕事上のミスが増えた場合の対処法

5685614032_ea8f9eb7a7_m私はうつ病と診断される前から、徐々にではありますが仕事でミスをすることが多くなりました。ミスは単純なものが多かったのですが、周囲に迷惑をかけてしまうことが多くなり、それによってストレスも多く感じるようになりました。

では、仕事上でミスが増えてしまった場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?

うつ病が原因で仕事上でのミスが増えてしまった理由

私が仕事上でミスを繰り返してしまった理由は、物事を忘れやすくなったこと、集中力が持続できなかったことが大きな理由だと感じています。

特に物事を忘れやすくなったことに関しては、自分でも恐怖を感じるくらいで、たった数分前に指示されたことを覚えることができなくなっていたのです。

また、商談などをしている際にも相手の名前や発注数を覚えることができなくなり、何度も聞き返すということが多くなり、相手にも不快な思いをさせてしまっていました。

これまでは特に意識しなくても覚えることができていたので、違和感は徐々に感じるようになったのですが、最終的には覚えられないという恐怖から、余計にストレスが溜まってしまいうつ病へと繋がってしまったのです。

今考えれば、物事を忘れやすくなるのはうつ病の症状であったと思いますし、現在は物忘れもほとんどなくなりましたが、当時はまるで若年性アルツハイマーではないかと思っていました。

そのため、仕事上でのミスが増えてしまい、余計にストレスと不安、恐怖を感じることになってしまったのです。


スポンサードリンク





うつ病による仕事上のミスを減らすためには

 

4357529719_5548c4fce6_m

私が仕事上のミスを何とか減らしたいと思い、実践したのは「タスクノート」を毎日記入することでした。

その日一日やるべきことを前日の就業時間が終わってから全て書き出す、また小さいメモ帳も準備して、指示されたことを全て記入するようにしました。

予定外の仕事が入ってきた場合でも、ノートに書き出すようにして全てを頭の中ではなく外のツールを使って記憶するようにしていきました。

その結果、物忘れに対する恐怖心や不安感も徐々に消えていき、自信を持って仕事をすることができるようになりました。

職場復帰を果たした時は特に注意してノートに書き出すようにしたので、余計なストレスを感じることもなく仕事をすることができました。

仕事上だけではなく、生きていく中で「記憶する」ということはとても大切なことですが、うつ病になるとその記憶力が落ちるということを理解し、頭の中だけで覚えるのではなく、頭以外の外部ツールを使うことで様々なミスを減らすことができるので、ぜひ実践してみて下さい。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ