うつ病と対人関係

 

苦手な人と接するのもうつ病克服には必要

Solar Decathlon 2011

うつ病になると他人に対しての接し方が変わってきます。

自分の身を守ることに必死になるため、これまでのように周囲の人と接することができなくなってしまうことがあるからです。

ただ、うつ病を克服する上では苦手な人と接することも必要だと感じました。

続きはこちら

苦手な人との接し方

6247886040_3017cda808_m

子供でも大人でも誰とも接することなく生きることは難しいです。特に大人の場合は「苦手な人」と思う人が少なからずいますし、嫌でも付き合わなければならない場面もあります。

私にも苦手な人がいるのですが、最近は上手く苦手な人との接し方が分かったので、かなりストレスを軽減できていると思います。

続きはこちら

うつ病で壊れた対人関係を克服する方法

2619971458_097b055f3e_m

うつ病になるとこれまで意識してこなかったことも意識するようになるため、非常に生きにくいと感じることがあります。

その中の一つが「人間関係」です。人間関係がぎくしゃくし始めると、それだけで大きなストレスとなるのです。

続きはこちら

 

うつ病の治療中に心がけること

3974222937_4a220ee0fd_m

うつ病の治療にはある程度の期間がかかります。私の場合は社会復帰を果たすまでに数年かかりましたし、現在でも2週間に1回、もしくは月に1回はメンタルクリニックに通院し、薬の処方をしてもらっています。

では、この長いうつ病治療の期間には、どのようなことを心がければ良いのでしょうか?

続きはこちら

 

嫌いな人と接する際の感情のコントロール

8583456563_466a2ef292_m

うつ病になると周囲の目線が気になったりもするので、他人とコミュニケーションをとる能力が低下してしまうことがあります。

特に休職などで休んでいるサラリーマンの場合は、部屋に閉じこもってしまうケースも少なくありません。

続きはこちら

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ