うつ病克服の治療期間はどれくらい?

2809113845_4e1df66aa3_mうつ病は心の病のため一般的な風邪などの疾患よりも分かりにくいという特徴があります。

そのため、症状には個人差があり、専門医でも「どの程度うつ症状が進行しているか?」という判断は難しいのが現状です。

では、そんな個人差があるうつ病は治療する場合、治療期間はどのくらいかかるのでしょうか?

 

うつ病克服までの治療期間について

私はうつ病を克服するまでにかかった治療期間は5年です。そして、現在でも再発防止のため定期的に通院して抗うつ薬を服用しています。

しかし、再発することはなく、現在も社会人として普通の人と何ら変わりない生活を送ることができているので、うつ病を克服することができたと思っています。

一般的にうつ病の治療にかかる期間は早くても3ヶ月、症状が重い場合は10年単位で治療を行なっていくことになります。

3ヶ月で克服することができるの?と思う方もいると思うのですが、うつ病の初期段階で気がつき診察を受け抗うつ薬を服用すれば立ち直ることは可能です。

ただ、ほとんどの場合は3ヶ月よりも時間がかかり、うつ病克服までには1年程度はかかると思っていた方が良いでしょう。

また、会社を休職してうつ病治療に専念する場合は最低でも3ヶ月は休職することをお勧めします。

というのも、3ヶ月は最低でも休職して、治療する期間、安定させる期間、リハビリをする期間がどうしてもかかってしまうからです。

私が3ヶ月で復職できる状態であれば、最初の1ヶ月は完全に心と身体を休めて、前向きな気持ちになれるように落ち着かせます。

2ヶ月目は徐々に生活習慣を元に戻して、仕事をしている時と同じタイムスケジュールで動くことができるか確認します。

そして、最後の1ヶ月でリハビリを行い、復職しても安定して働くことができ再発を予防することができるよう身体を整えるようにします。

このような準備をしっかりと行なう必要があるので、うつ病克服にかかる治療期間は最低でも3ヶ月は必要だと思います。



スポンサードリンク





うつ病を克服する治療期間に焦りは禁物

2810148199_d49416afde_m

うつ病の治療に専念すると決めたものの、なかなか落ち着いて休めなかったり、復帰を焦ってしまうという心境になることが絶対にあります。

うつ病患者の多くが復職してもすぐにうつ病を再発させてしまう理由の多くは「焦ったことによる失敗」だと思います。

私自身も経験がありますし、焦ってしまた結果拭く食後3ヶ月で再び休職することになってしまいました。

「焦るな」と言われるのですが、なかなか気持ちをコントロールするのは難しいです。

しかし、うつ病を克服した今ならはっきりと言えますが、焦ること=遠回りとなることは間違いないです。

はやる気持ちをぐっと抑えて念には念を入れて休むことができるかが大きな分かれ道となるので、絶対に焦らず専門医から復職OKの指示が出るまでは我慢すべきだと思います。

うつ病は個人差がどうしてもでてしまうので、一人ひとりうつ病克服にかかる期間ははっきり分かりませんが、自分が復職したいと考えている期間の倍くらいはゆとりを持って行動することをお勧めします。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ