うつ病で失った思考力は読書で取り戻す

2564133791_c46b28a2be_mうつ病になると思考力が低下したことに気付くことがあります。

私の場合は、これまで覚えることができていたことが全く頭に入らず、何回繰り返しても覚えることができないという症状がありました。

このような症状が仕事に支障をきたすこともあるので、思考力を取り戻すことが必要になります。

 

うつ病になると思考力が低下する

うつ病になると脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が低下する影響によって、思考力が衰えることがあります。

例えば、本を読んでも内容が頭に入ってこなかったり、仕事においては効率の良い方法があるにも関わらず、気付かないうちに面倒な手順を踏んでいたりなどです。

これまでは特に意識しなくてもできていたことが上手くできず、余計に時間がかかったりストレスを抱えることになるのです。

試しに、本を一冊読んでみて下さい。ジャンルはどんなものでも良いのですが、200ページ程度あるもので、4日くらいで読み終えるものでOKです。

そして、読み終わった後1日空けてから本の内容を思い出して感想文を書いてみましょう。

すると、思っていた以上に感想文が書けないことが分かると思います。これは本を読んだことは覚えているのですが、ただ字面を追っているだけで思考力が低下しているために内容を把握することができていないのです。

これは本だけではなく仕事でも共通しており、上司に指示された内容をその時は理解しているものの、時間が経つと覚えておらず完了するまでに時間がかかったり、必要以上に時間をかけてしまうことに繋がるのです。


スポンサードリンク





失った思考力は読書で取り戻す

Man reading book

このような「記憶障害」にも似た症状がうつ病の症状の一つとして出る場合がありますが、私の場合は読書をすることで改善させました。

この失った思考力はうつ症状が改善されるに連れてよくなっていきますが、日頃から少しずつ記憶力を回復させることが大切です。

そのために自分が好きなジャンルの読書をして、その感想文を書くという練習を繰り返しました。無理をしない程度で、読める本を選んで感想文を書くという小学生でもできることを繰り返し練習したのです。

その結果、徐々にではありますが感想文をしっかりとかけるようになり、本に対する自分の意見なども書くことができるようになりました。

読んだ本への疑問や違う意見を書くことで、職場に置ける発言などにも繋がるようになり今では職場で積極的に質問や意見を言うことができるようになりました。

思考力が自分でも分かるほど下がると見えない不安が大きくなります。しかし、この思考力の低下はうつ病の症状の一つではあるので、うつ症状が改善されれば症状は良くなっていきます。

ただ、じっとうつ症状が良くなるのを待つよりも、自分の力で少しずつ思考力を上げていく方が未来の自分を見た時にはとても良いと思います。

思考力が低下していると焦る気持ちはわかるのですが、まずは本を読んでじっくりと思考力を取り戻すように取り組んでいきましょう。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ