うつ病克服に焦りは禁物

7977172962_cfd380861c_mうつ病になると一日でも早くこの苦しみから抜け出したいという思いが強くなるため、つい焦って無理をしてしまうことがあります。

しかし、無理をして頑張り続けた結果、症状は悪化しうつ病を克服するまでの時間が余計にかかってしまうこともよくあります。

非常に難しいことではあるのですが、うつ病の克服を目指す際に焦りは禁物です。

 

うつ病克服に焦ってはいけない理由

私はうつ病と診断されてから休職と退職を繰り返したことがありますが、これはどちらも「焦り」から無理を重ねた結果でした。

特に仕事を休職していた時は、会社に迷惑をかけている、同僚に迷惑をかけているという思いと、自分自身の生活ができなくなるという最大の焦りがありました。

そのため、うつ病克服に良いと言われる方法は全て試しましたし、とにかく規則正し生活を徹底して行ないました。

規則正しい生活ができるようになったので、医師に復職の許可を無理矢理もらい復職しましたが、わずか3ヶ月で再び休職となり回復の見込みがなかったため退職することになりました。

このことから私が学んだことは、うつ病は思っているよりもずっと根深い精神疾患であり、絶対に焦ってはいけないということ、そして再発率が本当に高いということです。

以前からうつ病は再発率が高いと言われていましたが、自分の場合は再発などしないと思っていましたし、実際に再発しないような規則正しい生活を心がけてきました。

しかし、結果としてはうつ症状が再発してしまいました。

焦って無理をせず、ゆっくりとゆとりをもって治療をすることができたのであれば、もう少し状況は変わっていたのかなとも思います。

うつ病を早く克服したいという気持ちは分かるのですが、うつ病は簡単に克服できる病気ではないこと、再発率がすごく高いことを理解し、じっくりと治療をすることをお勧めします。



スポンサードリンク





うつ病の治療で焦らないために

2866337620_fa7b50d815_m

うつ病で会社を休職する場合、傷病手当金が受給できるケースがあります。

何の収入もないよりは傷病手当金として給料の3分の2程度でも受給できれば大きいので会社の人事や総務に相談してみると良いでしょう。

会社の中にはそのような制度があることを教えてくれないところもありますので、自分で確認する必要があるので、申請を忘れずに行ないましょう。

うつ病の治療で一番大変なのはお金のやりくりです。病院代や薬代が普段の生活からさらに余計に出て行くお金となるので、他の項目を切り詰めて上手にお金の管理をしていきましょう。

お金にある程度ゆとりが持てるようになれば、焦って復職をすることもなくなるので心を落ち着かせることができるようになります。

また、会社や同僚に迷惑をかけているという意識から焦りが生まれることもあるのですが、無理をして復職してまたうつ病が再発して休職する方がよほど同僚は迷惑だと思います。

そのため、2回目の休職はないという強い気持ちを持って、1回目でうつ病と向き合い、どのように生きていけばうつ病を克服できるのかをじっくりと考えてみましょう。

うつ病の治療で焦らないようにするためには、お金の面での不安を無くすために傷病手当金の申請をする、会社や同僚は思っているよりも迷惑だとは思っていないことをしっかりと念頭に置く必要があるのです。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ