うつ病は我慢しているうちは克服できない

18664015018_93c2b5e77e_mうつ病を発症する方の多くは我慢に慣れてしまっている傾向があります。

生きている中で、特に仕事をしている時間というのはながいものですが、当然我慢をする場面に出くわすことも多くあると思います。

しかし、うつ病にならない方は我慢をする時と我慢をしない時とを上手く使い分けており、それは意識なくても使い分けることができています。

うつ病は我慢を続けた分だけ悪化する

私はうつ病になる前から「面倒なことに巻き込まれることが嫌い」でした。

私だけではなく、多くの方が面倒なことには巻き込まれたくないと思っていると思いますが、面倒なことに巻き込まれないために、自分自身を守るために戦うことも時には必要です。

しかし、気が小さく他人と争いたくないという思いが強いがために、私はこれまでほとんどの場面で我慢をしてその場をやり過ごしていました。

気持ちは納得していなくても、とりあえずその場さえしのげれば良いと思い込んでいたのです。

その結果、我慢をすることに慣れてしまい、自分がどう感じたか?どう思ったか?よりも我慢を優先し知らず知らずのうちにストレスを抱え込むようになってしまったのです。

自分の意見を言わずに我慢を繰り返し、人から言われたことに対しては自分の感情を後回しにして我慢してやり過ごす。

周囲から見れば、何でも聞く良い奴とか、何でもいいやすい奴と思われることも多くなり、私に対してだけ色々なことを言ってくる人も増えてしまったのです。

ただ、勘違いしてはいけないのは、何でもかんでも言えばやってくれる奴と思われるのは決して「頼られているわけではない」ということです。

面倒なことでも、あいつにやってもらえばいいやと押し付けられているだけですし、その程度の存在でしかないということです。

このように我慢をしているだけでは自分を守ることはできませんし、うつ病の元となるストレスはどんどん増加していくので、我慢には良い面と悪い面があるということをもう一度意識する必要があると思います。

スポンサードリンク



我慢をせずに、思いを口に出すとうつ病は克服できる

2809113845_4e1df66aa3_m

私は現在仕事をしながらうつ病と向き合っていますが、仕事をしている中で「理不尽」と思われることに対しては「周囲の空気など関係なく違うと思う」と口に出しています。

私は普段真面目に、頑張っていると自分自身を認めているので多少口に出しても良いと思い込むようにしました。

後ろめたいことがあると、口に出すことはできなくなることもありますが、普段から真面目にやっていれば違うと思うことは違うということが言えないと「自分を守る」ということはできなくなります。

世の中には色々な考えの人がいて、自分とは違う考えを持っている方も多くいますので、ある程度は協調性を持つことも重要です。

しかし、それに振り回されて我慢を重ねてストレスを溜め込むのであれば、違うことははっきりと口出す勇気を身につけ、自分自身を守るということも重要なのです。

私の心が軽くなりだしたのは、無理難題を言ってくる人に対しては「受け付けません」という表情や言葉で拒否したため、自分で自分のストレスを軽減させることができるようになってからです。

我慢をすることも少なくなったので、うつ病とより深く向き合うことができるようになりましたし、自分で自分を変えるきっかけとなりました。

自分の身は自分で守る以外にはありません。

我慢が必要な場面と、我慢したらストレスが溜まると思われる場面はある程度判断することができると思うので、我慢に慣れてしまうのではなく、本当に自分が信じることを信じ、違うと感じることに対しては、疑問を投げ掛けるだけでもうつ病の症状は改善されるので、ぜひ試してみてください。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

    None Found

One Response to “うつ病は我慢しているうちは克服できない”

  1. kurofune より:

    >私はうつ病になる前から「面倒なことに巻き込まれることが嫌い」でした。
    しかし、気が小さく他人と争いたくないという思いが強いがために、私はこれまでほとんどの場面で我慢をしてその場をやり過ごしていました。

    私も今仕事で体調を崩しておりますが、
    自分の性格上、他人に強く言えないため、
    自分の中に溜め込んでいました。
    この記事を見て、改めて実感しました。

    >ただ、勘違いしてはいけないのは、何でもかんでも言えばやってくれる奴と思われるのは決して「頼られているわけではない」ということです。
    面倒なことでも、あいつにやってもらえばいいやと押し付けられているだけですし、その程度の存在でしかないということです。

    これはハットしました。
    ただ利用されているだけだったのだと。
    記事にある通り、自分の身は自分で
    守るしかないですよね。
    これからは、主張していくところは
    すぐ性格を変えるのは難しいですが、
    主張していきたいと思いました。

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ