うつ病患者が飲酒しても良いの?

3556485764_53c3ddde9d_m

うつ病患者の中には飲酒が常態化してしまい、お酒を飲まないと眠れない状態になってしまっている人も珍しくありません。

私も以前お酒に頼ってしまったことがあり、それによって大きな失敗をしてしまったこともありました。

うつ病患者はできるだけ飲酒は控えるべき

うつ病患者の多くは抗うつ薬などの薬を服用していると思いますが、抗うつ薬はアルコールとの相性が良くないので、基本的には抗うつ薬を服用している場合は飲酒は控えた方がよいです。

うつ病にも程度はあるので、全てのうつ病患者がお酒を飲んでは行けないというわけではないのですが、うつ病の症状が強く出ている時だけは絶対に飲酒は控えるべきです。

アルコールに頼る生活が続いてしまうと「アルコール依存症」を併発してしまうことも多く、うつ病患者の中には朝からお酒を飲んでしまっている方もいます。

アルコール依存症だけでも治療はものすごく苦痛を伴いますし、長い期間がかかるのでうつ病と両方を改善しようとすれば相当時間がかかりますし、本人も苦しい思いをすることになります。

私は以前うつ病の状態がかなり悪い時に飲酒をしてしまったことがあるのですが、その時は冷静な判断力が無くなってしまい、記憶もなくなってしまうことが多々あったので気が大きくなってしまい暴言を吐いたり多額のお金を使ってしまったことがありました。

おそらくお酒を飲んでいた時は気分が良くなっていたので自分で自分のコントロールができなくなっていたのだと思います。

しかし、お酒が抜けて気がついてみると周囲からは不愉快だったと言われたこともありましたし、レシートに書かれている金額を見て驚いたことも少なくなかったので、それ以来お酒は控えるようにしました。

私のようにお酒で失敗してしまったことのあるうつ病患者は多いと思いますし、抗うつ薬の効果を感じられなくなったという方もいるので、うつ病患者はできるだけお酒は控えた方が良いですね。



スポンサードリンク





お酒に変わるストレス発散方法を見つける

3579921178_755b8ff7f8_m

お酒は飲んでいる時は気分が高揚するので気持ちも楽になるのですが、その後は気持ちが沈み込みやすくなったり、現実から目を背けたくなったりと辛く苦しい状態になってしまうこともあるので注意が必要です。

中にはお酒を飲むことによってうつ病の症状が軽く感じるという方もいるようですが、それは一時的なことで根本的な治療にはなりませんし、むしろお酒を飲んだ後の方が辛く苦しい状態になるということを忘れてはいけません。

お酒の力を借りるよりは、身体を動かす方が見えない部分、感じない部分でのストレス発散には効果的です。

ストレスは目に見える物ではなく、感じる物なので気持ちがいい状態になると解消されていると勘違いしやすいですが、軽い運動をしている時の方が実は解消されているのです。

身体を無理に動かす必要はありませんが、身体を動かせる時は30分程度の散歩でも十分効果を実感することができます。

私はランニングをできるだけしていますが、走れないくらい体調が悪い時でも一日中部屋の中に閉じこもるのではなく、歩くようにしています。

30分程度歩くだけでも気持ちはすっきりとしますし、外の空気を吸うことで気分も変わるので効果はあると思います。

また、運動を継続している時と仕事ばかりで身体は動かしていても運動になっていない状態の時ではイライラする回数も大きく違ってくるので、軽い運動でも効果があるのだと感じています。

うつ病患者は一時的な症状緩和を感じるのではなく、長期的に心にゆとりが持てるように治療をしていく方が絶対に良いので、飲酒や喫煙はできる限り控えた方が良いですね。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ