うつ病と甘えの境界線

5621720708_3e3b9c45c1_mうつ病はよく「甘えているだけ」とか「気持ちの問題」と言われてしまうことがあります。

うつ病の認知度がかなり高まってきている現在でも、会社の上司や同僚から冷たい言葉を浴びせられるという方は少なくありません。

私も実際に会社の上司から「甘えるな」と何度も言われたことがありました。

 

うつ病と甘えの境界線

うつ病と甘えの境界線は非常に難しい問題だと思います。うつ病を患っている本人でさえ、これは甘えなのかそうではなくうつ病の症状なのかがはっきりと分からないためです。

また、うつ病の症状は個人差があり、症状の程度が軽い人の場合日常生活にほとんど支障がないこともあります。

さらに、うつ病は他人が見ても特に異常があるようには見えないので、どこが悪いのかを理解してもらえないことも「甘え」と言われる原因だと思います。

私は会社の上司からのパワハラによってうつ病を発症しましたが、メンタルクリニックでうつ病と診断されるまで日常生活に支障がでて、朝起きられなくなっても「甘えているだけ」と思い込んでいました。

私の上司も私が朝起きることができず遅刻したり、頭痛やめまい、吐き気などが強く仕事をするのが辛い状態でも「甘えるな!」と怒鳴られていました。

そのため、私はうつ病になっているとは全く思わず、本当に甘えている自分が情けなく思っていたし、なんとか改善しようと日々死にものぐるいで頑張りました。

ただ、うつ病はそんなに甘いものではなく、しっかりとした治療を行わなければいつまで経っても症状は改善されませんでした。



スポンサードリンク





甘えと言われてしまった場合の対処法

Headache

うつ病はできる限り専門医の診察を受けて、抗うつ薬などの薬物療法で治療を始めることが大切です。

しかし、日頃から「甘えている」と言われていると、自分でも甘えているだけと勘違いして、発見が遅くなることが多々あり、その分治療にも長い時間がかかってしまうことがあります。

私は結局倒れてしまい「もう何もかもが絶望的」と感じ自殺を考えていた時に両親に助けられ初めてうつ病であることを知りました。

しかし、今思い返すと自分の中ではどう頑張っても改善されない症状がありましたし、自分の意識の問題ではないのでは?と疑問を持つようなことがありました。

また、「甘え」と言われた行為についてもよく考えるとうつ病の症状だったことが後になって分かりました。

そのため、今であれば「甘え」と言われたことに違和感を感じた場合はすぐに専門医に診てもらった方が良いと思っています。

うつ病になる方の多くは真面目で責任感が強いので、甘えと言われると自分の生活態度を見直してさらに厳しい目標を自分自身で立ててしまいます。

ただ、他人から甘えだと言われるということは、それなりの原因があるわけですし自分の中で頑張っても対応できないと思った場合は「うつ病」を疑うべきです。

他人から甘えと言われる=うつ病である可能性も高い

と認識し、できるだけ早く専門医の診察を受けた方が良いでしょう。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ