うつ病と身体の揺れとの関係

2150224411_d7061114c7_mうつ病の身体的な症状の一つとして「身体の揺れ」を感じることがあります。

うつ病になる前には特に気になりませんでしたし、それまで一度も身体が揺れているような感じがしたことはありませんでした。

 

身体の揺れを感じるのはうつ病患者の特徴

心療内科でうつ病と診断された時には特に身体の揺れを感じていなかったのですが、しばらくしてから身体が揺れているような感覚が多くなりました。

例えるのが難しいのですが、「地震酔い」のようにごくわずかにゆらゆら揺れているのです。地震が起きているわけでもないのに身体が揺れているので、次第に気分が悪くなってしまうこともありました。

この身体の揺れですが、心療内科の医師に聞いたところ、うつ病患者には比較的多く現れる症状であるとのことでした。実際にインターネットで調べてみても、私と同じように身体の揺れを感じている人がいました。

また、身体が揺れているのはうつ病だけではなく「メニエール病」を発症しているからという方もおり、うつ病単体の症状ではない方もいました。

身体が揺れていると感じるのは短いときはすぐに治まりますし、長いときは5分程度ゆらゆら小刻みに揺れているような感じになります。

私はメニエール病も疑ったので耳鼻科を受診したのですが、特に異常はないと言われました。そのため、はっきりとした原因は分かりませんが、うつ症状の一つとして現れる症状だと理解しました。

ちなみに、立っている時、座っている時だけではなく、歩いている時にもゆらゆら揺れているように感じることもありました。


スポンサードリンク





身体の揺れを防ぐためには

2206337539_9e6377fcfb_m

身体がゆらゆら揺れるのを防ぐ方法は今のところ確立はされていません。そのため、身体の揺れに効く特別な薬があるわけでもありません。

そのため、非常に辛いのですがなかなかすぐには治らないというのが現状です。ただ、抗うつ薬を服用し続け、うつ症状が軽くなり心も身体も落ち着いてくると自然と身体の揺れを感じることはなくなりました。

つまり、うつ症状を改善させ心も身体も十分に休めることができれば身体の揺れも治まるので、まずはうつ症状を改善させることに意識を持っていった方が良いと言うことです。

身体が揺れているように感じた場合は、動き回らずに一旦その場で座るなどして安静にし、なかなか発作が治まらない場合は、暗い静かな部屋で横になって休むと良いです。

身体が揺れている状態で無理に頑張ったり、車の運転など危険な行為をするのは避けて下さい。安静にすればわりと早く治まることが多いですから。

同じうつ病であっても、身体の揺れが出る方と出ない方がいます。また、身体が揺れるからうつ症状が重いということでもないようなので、焦らずうつ症状を改善させていきましょう。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ