うつ病になると風邪を引きやすくなる

1634943068_ae2f993d0b_m

私はうつ病になって以来体調の変化にとても敏感になりました。

特に復職を果たしてからは、うつ症状がひどくならないように生活習慣に気を配っていますし、食事にも気をつけています。

しかし、どれだけ気を配っていても風邪を引きやすくなってしまうことがあります。

うつ病になると風邪を引きやすい

うつ病は精神的症状が強く出るため、目に見えない「疲労」が溜まりやすいです。

そのため、自分ではさほど疲れを感じていなかったとしても、想像以上に身体が疲れてウィルスに感染しやすくなっていることがあるのです。

私は抗うつ薬を服用して身体のこわばりを和らげるようにしていますが、それでも身体の緊張はなかなか取れず、仕事から帰るとぐったりとしてしまうことがよくあります。

そこに乾燥や寒さなどが加わると特に喉を痛める事が多く、熱が出てしまう事があるのです。

もちろんマスクをして出勤していますが、ウィルスに感染しやすくなっている事は間違いないようです。

風邪は内科の薬を服用すれば比較的簡単に治るのですが、治ったと思ってもまたすぐに風邪を引くという事を繰り返してしまうのです。

仕事を休むわけにはいかないので、風邪でも無理矢理出勤して仕事はしていますが、あまりにも風邪を繰り返していると精神的にも弱くなってきてしまうので、休職へと繫がる危険性もあるので注意が必要です。



スポンサードリンク





風邪を引かないために薬を服用するのは良くない

16712268195_656390545d_m

私は風邪を引く事があまりにも多いので、予防のために市販の風邪薬を少しでも体調が変だと感じたらすぐに飲むようにしていました。

しかし、徐々に風邪薬も常に服用していないと不安を感じるようになり、風邪の症状は出ていないのに毎日何かしらの薬を服用するようになっていきました。

こうなると抗うつ薬とのバランスが崩れてしまい、仕事中も強い眠気に襲われるようになります。また、元々備わっていたウィルスに対抗する抵抗力が弱くなってしまうので風邪薬を飲み続けるようになってしまうのです。

市販の風邪薬は効果はさほど強くはありませんが、毎日のように服用し続けていると依存してきてしまう事があるので、絶対にやめるようにしましょう。

うつ症状が改善されていくと少しずつ身体の調子を取り戻す事はできるようになります。焦って無理矢理押さえ込むのではなく、まずはうつ病を改善させる事を意識する事が重要です。

私は現在抗うつ薬は服用を続けていますが、風邪薬を毎日服用するようなことはなくなりました。

あれだけ毎日服用していた風邪薬をやめるのは勇気がいりましたし、最初は体調が悪くなる事も多々ありましたがしっかりと断ち切る事ができたのは本当に良かったと思っています。

風邪を引きやすいのはうつ病の症状がまだある身体という事を認識して、内科ではなく精神科や心療内科で処方される薬を最優先に服用して下さい。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ