うつ病で休職した際の人との付き合い方

65681636_a7a1a04475_mうつ病で休職をすると、多くの場合自宅で引きこもりがちになってしまいます。

私の場合も自宅で引きこもることが多かったですし、休職をしている身としては他人んとどのように接すれば良いのかがいまいちよく分かりませんでした。

 

休職直後の人との付き合い

休職をすると、必要以上に自分の状態を気にして、他人とコミュニケーションをとることに極端に臆病になってしまうことがあります。

休職したこと自体がショックで、普通の人とは違うという思い込みもあるので、つい引きこもってしまい元々の自分を出すことができなくなってしまうのです。

私は休職をしてからしばらくは心も身体も疲れ切っていたので、寝たきりのような生活が2ヶ月以上続きました。

しかし、状態が少しずつよくなり、少し外に出てみようかなと思えるようには自然となったのですが、他人と関わることに極端に臆病になってしまっていました。

他人を見ると、自分とは違い「きちんと社会生活ができているのに、自分はなぜできないのだろうと」思ってしまうことが多かったのです。

そのため、休職しているとは知らない友人から何度も誘いがありましたが、全て断るか最悪の場合連絡がきても無視するようになってしまったのです。

しかし、このような他人との接し方は良くないことは理解していたので、少しずつ表にでるように意識し、自分を取り戻すようにしていきました。

ただ、休職中であることは友人には伝えず、元気であるかのように装い、無理矢理付き合うように意識していたため、素の自分を出すことができず苦しかったですね。



スポンサードリンク





休職中の人との付き合い方について

2203017664_a770787419_m

休職中は「自分が付き合いたい」と思った人とだけ付き合えば良いと思います。どんなに仲が良い友達であっても、付き合う気になれない場合は断っても問題ありません。

ただ、断る時に曖昧な返事をしてしまうのは一番良くないので、断りにくい時こそ、しっかりと「無理」であることを伝えるようにしましょう。

誘った友人の側からしても、はっきりと断られた方が「また次の機会に」と思いやすいですが、「行くのかどうか分からない」と曖昧な答え方をしてしまうと変に相手にも期待を持たせてしまうことになるので注意が必要です。

私は休職中は自分が行ってみたい、会いたい人以外の誘いは断るようにしていました。それも誘われた時からできるだけ早く返答をはっきりと出すようにしたのです。

その結果、自分自身もストレスを感じることなく主張を伝えることができましたし、友人との繋がりが崩れてしまうこともありませんでした。

気を使って「何回かに1度は」と無理に誘いを受けいれる人もいますが、私はそんな必要は全くなく、参加したい時だけ参加すれば良いと思っています。

休職中に無理に他人とコミュニケーションを取ろうとすると、自分の中のストレスはどんどん溜まってしまうので、自分の思いに正直になって、できるだけ早く返答をすることにするのが結果的に自分を守ることに繋がるのだと思います。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ