うつ病で休職する際のメリットとデメリット

Headache心療内科や精神科などでうつ病と診断された際、多くの場合「すぐに休職して下さい」と医師に言われます。私の場合も、即刻休職しなさいと迫られました。

しかし、私としては仕事を抱えている以上、休職することなどできないと思っていたのですが、休職を経験して、やはり早めに休職した方が良かったと感じました。

 

休職する場合のメリット

うつ病による休職は、デメリットもありますがメリットの方が大きいため、極力早めに休職に入ることをお勧めします。

休職することによるメリットとしては、

  • 早期治療で回復期間が短くなる
  • 心と身体を休めることで、自分の立ち位置を考えることができる
  • 仕事の仕方について考えることができる
  • 現在の生活環境を見直し、正すことができる
  • うつ症状を抑えて、復職するまでにしっかりとした準備ができる

などです。

私の場合は、うつ症状が出ているにも関わらず、仕事は絶対に休むことができない環境だったので、無理矢理動かない身体を動かしてしまいました。

その結果限界に耐えることができなくなり、倒れてしまったのですが、ここからうつ病を克服して社会復帰するまでには、かなりの時間を要しました。

もし、医師にすぐに休職しなさいと言われた通りにしていれば、うつ病克服にここまで時間がかかることはなかったのではないかと思います。

会社に迷惑をかけてしまうという気持ちはどうしても出てしまいますが、一時的な迷惑と継続的な迷惑とでは大きく変わってきます。

うつ病は放置しておいても良くなることはなく、多くの場合どんどん深みにはまってしまうのです。

使命感、責任感から休職することができないと思う方も多いのですが、会社をずっと休むことの方が迷惑をかけることになるので、休職することによるメリットを十分に理解して早めに対処していきましょう。


スポンサードリンク





休職する場合のデメリット

1510577441_f0b61fba27_m

休職することによるメリットは大きいのですが、全くデメリットがないかと言えばそうではないです。

休職することによるデメリットとしては、

  • 同僚に迷惑をかける
  • 会社にいずらくなる
  • 仕事を放置してしまう
  • 取引先にも迷惑をかける

などがあるでしょう。

さらに、休職明けにこれまでと同じように働けるのか?などがありますが、これらは基本的に一時的なものです。

実際に休職してみると分かりますが、一時的にはあなたが休職したことで会社や同僚の業務負担が大きくなります。

しかし、会社が潰れてしまうことはありませんよね。

あなたがいなくても、仕事は何とか回すことができるのです。

このことを理解することができなければ、うつ病を克服して復職することは難しいと言えるでしょう。なぜなら、休職しても心が休まらないからです。

休職をするほど追いつめられているのであれば、一時的な状況を見るのではなく、数ヶ月先の未来をイメージしましょう。

もしあなたの同僚が休職したとして、一時的には仕事量が増えるかも知れませんが、ずっと休まれるよりも早く復職して欲しいと思いますよね。

それと同じで、会社や同僚は一日でも早くあなたに復職して欲しいと思っているのです。

休職することでデメリットはありますが、未来を考えた際には、しっかりと休養し復職へ向けた生活を送ることの方が大切です。

休職を検討する際には、デメリットではなく、メリットを意識していきましょう。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら

管理人が実践し効果を感じたうつ病克服の食事法はこちら
【荒木式】断糖食でうつ病を改善 レビューはこちら

管理人が愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントはこちら
うつ症状を改善させるサプリメント「L−トリプトファン」レビューはこちら

管理人が愛用している睡眠の質を高くするサプリメントはこちら
朝の目覚めを爽やかにする「バレリアンルート マックスV」レビューはこちら

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

  はじめにお読み下さい

うつ病Q&A コラム

このページの先頭へ